プログラミングの副業を得る4つの方法

アップルウォッチ買ってみたアップルウォッチのいいところ3選。悪いところ2選。

アップルウォッチ買ってみたアップルウォッチのいいところ3選。悪いところ2選。

アイフォンユーザーなら一度は思ったことがあるはず。

アップルウォッチ欲しい。

しかし、欲しいと思うけれども実際どう使うのか?

と考えて購入を諦めてしまいます。

私自身もずっとそうでした。

ただ、こう考えて購入に至りました。

「日々IoTデバイスは進化し続けています。IoTの進化の過程を楽しむ。それもまたおもしろい」

これからどうなっていくのか?スマホを超えるデバイスは現れるのか?

楽しみでなりません。

私はApple Watch SE(GPSモデル)- 44mmスペースグレイ

を購入いたしました。

アップルウォッチ

アマゾンのリンクはこちら(アマゾンやすいですね・・・。ポイントもつくしアマゾンで買えばよかったかも)

アップルウォッチのいいところ

本題であるアップルウォッチのいいところを上げていきたいと思います。

1、「運動しようかな〜」と思わせてくれる

テレワークで運動不足を感じているのでしたら、アップルウォッチの購入オススメです。

アップルウォッチをつけて歩いているとアップルウォッチが問いかけてきます。

「ワークアウト中ですか?」

スーパーに向かうために歩いている時にも聞いてきます。

ワークアウトを始めるを押すと、いつもの買い物から様変わり。ワークアウトの始まりです。

買い物が楽しくなります。ちょっと遠回りしてスーパーに向かったり。

さらにアクティビティーというアプリで毎日の運動の目標を管理しています。

ムーブ(消費カロリー)・エクササイズ(運動時間)・スタンド(1時間ごとに1分間立っているか?)

この3つをクリアすると今日は運動したな〜という気分になります。

デスクワークをしていると、ずっと座っていることになります。エコノミー症候群の恐れ有りですが、

アップルウォッチが問いかけてくれます。

「スタンドの時間です。1分間立ち上がってください」

これでエコノミー症候群の心配が減りますね。

私がやっている感じですとムーブを攻略するのがなかなか難しいです。

2、バンドを変えて楽しめる

アップルウォッチはバンドを変えられるというのが一つの魅力です。

様々な会社がアップルウォッチのバンドを出していますよね。
レザーとかかっこいいです。

スペースグレイのアップルウォッチならこんな感じのレザーバンドとかいいですね。

このGショック風のやつもかっこいいです。

同じ時計なのでバンドを変えるだけで全く違う時計に。

取り外し簡単なので気分でアップルウォッチのバンドを変えて違った時計にして楽しめます。

3、お昼寝が怖くない

テレワークをしていて、お昼休みに少しお昼寝をする方多いと思います。

その際に、完全に寝てしまう恐怖がありますよね・・・

目覚ましに気づかなかったら・・・

でもアップルウォッチがあれば、目覚ましをかけるとアイフォンが音を鳴らしつつ、時計がバイブします。

これで私はお昼寝でもお昼休み明けの1分前まで安心して寝ています。

アップルウォッチの悪いところ3つ

1、充電がめんどくさい

充電が面倒です。機械ですから仕方ないです。買ったばかりですが2日に一回充電しています。

2、スイカとかあんまり使わない

スイカや支払いがアップルウォッチでできる。というのが一つ魅力だと思っていましたが、

スマホでスイカを使うことに慣れているのでついついスマホを出してしまい、スマホで電車に乗ってしまいます。

ジーンズのポケットにスマホを入れている(すぐ取り出せる)のであんまり労力が変わらないんですよね。

カバンなどにスマホをしまっている方には重宝される機能かもしれません。

 

いかがでしたか?アップルウォッチを買ってみて率直な感想でした。

もし、アップルウォッチを買おうと悩んでいる方いましたら、

「日々IoTデバイスは進化し続けています。IoTの進化の過程を楽しむ。それもまたおもしろい」

と思い買ってみてはいかがだろうか?

 

これがオススメカテゴリの最新記事