プログラミングの副業を得る4つの方法

独学よりプログラミングスクールに通った方がいい6つの理由

独学よりプログラミングスクールに通った方がいい6つの理由

独学よりプログラミングスクールに通ったほうがいいです。

なぜ、プログラミングスクールに通ったほうがいいか?今回は紹介します。

実際に独学、スクール両方経験している私だからこそ紹介できる内容となっております。

横のつながり、プログラミングを仕事にする仲間ができる

こちらがスクールに通った際の最大のメリットです。

独学だとまた別で仲間を探す必要があります。

できればグループワークや仲間とコミニケーションが取れるプログラミングスクールを選ぶことをお勧めします。

飲み会などがあったら積極的に参加しましょう。(現在コロナですので、リモート飲み会など)

私自身、プログラミングスクールに通いそこで出会った三人で副業でサイト制作をしています。

横のつながりを作っておくと、一緒に仕事を手掛けることができますし、仕事が忙しくなってしまった時に仕事のお手伝いを依頼することも可能です。

また、転職の会社の紹介もしてもらえます。私自身、給料が上がらずに困っていたところを声をかけていただきただいま何社か面接中です。

このように、同じスクールで勉強していると助け合う仲間ができます。

またライバルになるため、「みんなが、あの課題クリアしてるんだから自分も。」という気持ちにさせてくれます。

スクールに通って一番メリットに感じました。

勉強の範囲がわかる

独学だと勉強の範囲が不明になります。

言語は何を学んだらいいのか?どこまで学んだらいいのか?

どの参考書がいいのか?など独学の悩みは尽きません。

スクールの場合はカリキュラム通りに進めれば実戦でも使えるある程度の実力がつくように設計されています。

そのため、効率的です。

わからなくなった時先生に聞けて解決できる

プログラミングの学習をやっていると必ずぶち当たります。

プログラムの「エラー」

こちら、初心者はなかなか回答にたどり着けません。

だいたい初心者が出すエラーは本当に簡単なこと。

文法ミスだったり、大文字を誤って入れてしっまっている。など。

でもこの回答に3時間以上費やしてしまうことがよくあります。

先生に聞けば一瞬で解決するので学習効率が上がります。

繰り返しの学習が強制的にできる

独学で一度やった教材をもう一度やろうと思ったことはありますか?

私は一度も思ったことがありません。

めんどくさくないですか?

スクールではカリキュラムで繰り返しの学習が必要な場合は、教材に似たような課題が出て繰り返し勉強できるようになっています。

気がつくと繰り返しの学習が終わっているわけです。

これはありがたいですよね。

私は、スクールで似たようなサイトを何度も作らされました。

おかげでどんなサイトでもコーディングできるような実力がつきました。

「やらなくてはならない」の状況ができる

独学だと、ついついサボってしまう人多いのではないでしょうか?

勉強を続けるのに必要なことは強制力です。

スクールでは毎週最低限ここまでやってください。などの課題が出ます。

お金をかけた方が効果が出る

大学生時代、「心理カウンセリングは、お金をかけた方が効果が出る」という話を授業で受けて、「確かに。」と思いました。

お金をかけるともったいないと思い本気で取り組みます。

無料の心理カウンセリングなら気持ち入らないですよね。

これはプログラミングの学習にも当てはまります。

ある程度お金をかけることにより独学より大きな成果が見込めます。

転職サポートがある

プログラミングスクールには優良な転職先を紹介してくれる会社が多いです。

プログラミングスクールの先輩が紹介先の会社に所属しているということもあり転職して助けてもらえる可能性はとても大きいです。

独学だと自分で転職エージェントなどに登録して転職先を探さなければいけないので、なかなか大変です。

プログラミングスクールのデメリット

デメリットの紹介もしておきます。

お金がかかる

スクールはお金がかかります。結構高いです。これは大きなデメリットです。

しかし、スクールの授業料は仕事をすることにより十分回収できます。

私自身、プログラミングスクールを卒業して2年目で副業で100万以上の売り上げを上げています。

本業でももちろんプログラミング関連の仕事をしていますので、2年目で十分取り返しました。

投資する価値は大いにあります。

ある程度の時間の確保が必要

プログラミングスクールの場合ある程度の時間の確保が必要になります。

ある程度の時間の投資が必要ということです。

忙しくて時間が取れない、という方がよくいますがそれは時間が取れないのではなくて、プログラミングの学習の「優先順位が低い」

ということになります。仕事や遊びや飲み会、趣味より優先順位を上げれば十分時間は確保できます。

もし本気でプログラミングを学びたい方はプログラミングスクールの優先順位を上げましょう。

オススメのプログラミングスクールランキング

最後にオススメのプログラミングスクールランキングを紹介します。

プログラミングスクールに通ったからこその目線で選んでおります。

ちなみに私が通ったプログラミングスクールは生徒におばちゃんとかがいて授業の進みがのんびりであまりよくなかったです。

よろしければ参考にしてみてください。

1位 テックキャンプ

マコなり社長というYouTuberが手がけるプログラミングスクール。

こちら、仲間と一緒に学べるグループワークがあるので、私があげた一番のメリットである横のつながりができる。を得られるプログラミングスクールです。

Rubyという今流行の言語を学べるのもおオススメの理由です。Rubyは他のプログラミング言語に比べわかりやすく、初心者が入りやすいです。

また、転職できなかったら全額返金のありがたい転職保障付き(条件ありますので面談の際確認してみてください)

満足度も高いです。

ホリエモンさんも、テックキャンプを動画で紹介していて話題になりましたね。

テックキャンプはこちら(無料カウンセリングがあるので興味がある方は是非)



2位 DMM WEB CAMP

こちらもグループワークがあります。

今後の仕事仲間ができます。

転職保障もあり、転職できなくても安心です。

受講者アンケートでは『サポート体制がしっかりしていて魅力的』、『転職、就職を保証していただいていることで安心』というアンケートいただいているようです。

無料カウンセリングがあるので興味がある方は是非こちらから。

DMM WEB CAMPはこちら

3位 侍エンジニア

現役のエンジニアから指導を受けることができます。ワンツーマンレッスンが特徴。

ワンツーマンレッスンなので横のつながりができないのがちょっと惜しいところですが、副業の取り方やコツも教えてもらえます。

現役エンジニアの指導ということで現場のリアルが勉強できます。

無料体験レッスンがあるので興味ある方は是非こちらから。

侍エンジニアはこちら

いかがだったでっしょうか?

今回は、独学よりプログラミングスクールが向いている6つの理由を書かせていただきました。

独学かプログラミングスクールか迷っている方は是非こちら参考にして選んでみてください。

 

 

 

 

30代からプログラミングは遅くない!!カテゴリの最新記事