プログラミングの副業を得る4つの方法

エンジニア転職すれば小遣い稼ぎができる エンジニアの3つのお小遣い稼ぎ方法

エンジニア転職すれば小遣い稼ぎができる エンジニアの3つのお小遣い稼ぎ方法

エンジニアになればお小遣い稼ぎができます。

これは全く予想していなかったので、びっくりです。

どんなお小遣い稼ぎができるかを今回は紹介します。

インタビューに答える

最近Twitterのダイレクトメッセージで30分インタビューに答えるとアマギフ1000円分あげます、というものがありました。

「プログラミングスクールについて」のお話でしたが、30分フランクに話すだけでアマギフ1000円もらえるのはありがたいです。

クラウドワークスやランサーズの体験談の記述に比べるとめちゃくちゃお金がいいです。

面談する

私今、SESという派遣形態の業務をしているのすが、別のSESの会社から面談しないか?

というお話いただきました。

面談した謝礼に、Quoカードpayで3000円分いただきました。

面接するだけでお金もらえるのはありがたいです。

ただ、Quoカードpayは使えるところ少ないんで、なかなか使い道がありませんが・・・

「テクスカ」というエンジニア転職サイトに登録

テクスカはこちら

「テクスカ」という転職サイトに登録すればAmazonギフト券がもらえます。

私は経歴やプロフィールなどいろいろ登録したことにより、Amazonギフト1500円分いただきました。

さらに、企業からの転職の相談連絡が来る、転職の面談、友達紹介をしてもAmazonギフト券がもらえるようです。

転職サイトに登録するだけでAmazonギフトもらえるなんてエンジニアだけじゃないですかね?

これはすごいです。どんどん新しいサービスが登場しますね。

ありがたかったのは職務経歴書やスキルシートを送信するだけで、スキルが自動で登録されるところです。

転職サイトで職務経歴入力するのって地味にめんどくさいですよね。

テクスカはこちら

どうやってこのようなお小遣い稼ぎ情報を見つけるのか?

Twitterでエンジニアとしてツイートする

私自身、Wordpressのプラグインを使ってWordpressと連動させてほとんど自動でTwitterを運用しています。

そのアカウントにダイレクトメッセージでたまに今まで紹介したインタビューやサイトの営業がきます。

それに答えて、お小遣いを貰っています。

ダイレクトメッセージがきたら何かチャンスがあるかもしれないので、とりあえず返信するようにしています。

自動で過去の記事を呟くプラグインについて書いた記事はこちら

ツイッターの自動化はWordPressプラグインのRevive Old Postsがオススメ【過去の記事をTwitterで呟いてくれます】

気になったIT系のサイトに登録しておく

私は10以上のIT系の仕事紹介サイトに登録しています。

そこで、副業やちょっとしたお小遣い稼ぎの情報などを得ています。IT系サイト見つけたらどんどん登録していきましょう。

いかがだったでしょうか?

エンジニアになると、いろいろお金が入ってきます。

私のおすすめは、Another Worksです。

お小遣いっとは少し離れますがいろんな企業からスカウトがきます。

アナザーワークスはこちら
アナザーワークス

いかがだったでしょうか?今回はエンジニアになったらお小遣い稼ぎできた。という話でした。

よろしければ、参考にしてみてください。

エンジニアを目指すならこちら

プログラミングを学んで転職なら侍エンジニア塾がおすすめな3つの理由

30代からプログラミングは遅くない!!カテゴリの最新記事