超簡単!!YouTubeのタグ取得(YouTubeのAPIからタグを取得します)

プログラミングに必要な英語力が必要な4つの場面。プログラミングに英語力はどれくらい必要?【これからプログラミングを勉強する方へ】

プログラミングに必要な英語力が必要な4つの場面。プログラミングに英語力はどれくらい必要?【これからプログラミングを勉強する方へ】

プログラミングを勉強したり

仕事をする上で英語は必須で必要になってきます。

今回はどんな時に英語が必要になるのかをまとめました。

1、そもそも言語には英語が入っている

プログラミング言語には、英語が入っています。

条件式の

ifだったり、繰り返しのwhileだったりはどのプログラミング言語にも必須です。

プログラミング言語に入っている英単語の意味がわかると、

処理の内容のイメージがつくので

プログラミングの学習が楽にできます。

2、変数名やclass名に英語が使われる

変数名やclass名に英単語が使われます。

変数名やclass名は、何をつけてもいいのですが、それ自身が何かわかるように

意味がある名前をつけます。

「値段」の値を格納するなら「price」のように。

私は単語を知らなかったら検索して変数名やclass名を付けています。

3、調べ物をする際に英語が必要

ここが一番英語力が必要な場面になります。

新しい言語や、wordpressだったらあまり日本で使われていないプラグインがあります。

そういうものは情報が少なくあまり日本語の記事がありません。

海外のそれについて書いてある記事を検索し

読み解く必要があります。

グーグル翻訳もありますが、まだまだニュアンスが伝わらないこともあり

読み解くのに一苦労。

英語力が必要です。

4、外国にむけたアプリケーション

これは、アプリケーション次第ですが、海外にむけたアプリケーションなどは設計書なども

英語で書かれている場合があるようです。

アプリケーションの中も英語だらけ。

また、海外から持ってきたアプリケーションを日本用に改変するという場合もあり

その場合も英語力が必要です。

実際どれくらいの英語力が必要なの?

今のところ私は、1年ほどITの仕事をやらせていただいているのですが

中学生レベルの英語力でなんとかなっています。

今のところ英語で苦労はしていません。

会話よりは、単語力・読み解き力。

海外にむけたアプリケーション開発などの場合も

現地の人と会話ができる人が英語などで会話するので

必ずしも英会話力が必要ではない。

しかし、英語ができれば相当重宝されるだろうな〜という印象でした。

 

こんな感じでプログラミングの勉強や仕事をやると、

いろいろと英語力が必要ですよ。という話でした。

プログラミングを勉強してエンジニアなどになろうとしている方。

英語力も一緒に磨いて見てはいかがだろうか?

エンジニア転職を考えている方に

プログラミング学習スクールについて書いた記事はこちら

未経験エンジニア転職ならテックキャンプがおすすめな理由【未経験のエンジニア転職は難しい】

30代プログラミング奮闘記カテゴリの最新記事