超簡単!!YouTubeのタグ取得(YouTubeのAPIからタグを取得します)

Webサイト制作を副業にするためのスキルまとめ【webサイトを個人で仕事にするにはどんな技術が必要??】

Webサイト制作を副業にするためのスキルまとめ【webサイトを個人で仕事にするにはどんな技術が必要??】

Webサイト制作の勉強をして

個人で仕事したい。副業にしたい。

そう考えている方多いと思います。

では、そのために

どんなスキルが必要かその技術の一番抑えるべき箇所をを解説します。

今回紹介するスキルなのですが、最低ラインだと思ってください。

正直いろいろな技術が必要になってくるので

全て紹介することは

難しいです。

最近流行りのココナラ、ランサーズ、クラウドワークスなんかにある

Webサイト制作の仕事からチョイスしました。

是非参考にしてみてください。

HTML

HTMLとは、ハイパーテキストマークアップランゲージの頭文字を取ったものです。

これは初歩中の初歩のスキルです。

webサイトの内容、文字や画像についてはHTMLに書かれています。

HTMLひとつでは仕事になりません。次に紹介するcssと合わせて

コーディングというwebサイトを構築する仕事になります。

HTMLで一番抑えておきたいこと

HTMLで一番抑えておきたいことは、文章構造です。

これはSEO(ウェブサイトの検索順位を上げる)ことに大きく関係してきます。

文章構造を重点的にHTMLをマスターしましょう。

css

HTMLと組み合わせることにより、コーディングというWebサイトを作る作業があらかたできます。

コーディングのメインはcssです。

HTMLより難易度は高めです。

サイトの色を指定したり、画像のサイズを指定したり、レイアウトを指定したりを

cssで行います。

思った通りにサイトが作れるようにとにかく作りまくる。これが大事です。

css、勉強していくとわかるのですがレイアウトが思ったようにいかないこと多いです。

思ったように行かない時は仕事になりません。もし、思ったように行かなくても自力で解決できる。

そこまでスキルを磨きましょう。

教材などで勉強している時は作りませんが、今流行りのデザインはアシンメトリーだったり、

雑誌みたいにデザインが複雑だったりと一筋縄ではいきません。

面倒くさいですよ・・・w

そこまで予期してスキルをつけましょう。

多い仕事例

  • PCサイトがあるので、スマホ版を作って欲しい。
  • ランディングページのコーディングをお願いしたい。など

cssで一番抑えておきたいこと

レスポンシブ化(スマホ対応)。クラウドワークスなどでレスポンシブ化の対応はちょこちょこ目にします。

レスポンシブ化のメインはcssです。

これからの時代は、スマホ対応は確実に必要ですのでしっかり抑えましょう。

Javascript

Webサイト制作にはプログラミング的なことはほとんど絡んできませんが

Webサイトの動きに関して必要になってくるのがJavascriptです。(Webページスマホ版のハンバーガーメニューとか)

あまりJavascript単体の仕事はWebサイト制作では、見かけませんがホームページを丸々請け負うなら必要になってきます。

HTML、css、Javascriptがセットです。

ここまでできて、初めてコーディングやWebサイト制作の仕事が受けられます。

Javascriptで一番抑えておきたいこと

WordPressを考えるとライブラリのJqueryの需要はまだまだありますのでしっかり抑えておきましょう。

WordPress

WordPressは簡単にいうと拡張性の高いブログやWebサイトを作成するCMSです。

今までのは言語でしたが、これは今まで上げた全ての言語の知識+PHP(プログラミング言語)の技術もが必要なホームページブログ作成サービスです。

クラウドワークスや、ランサーズなど個人で仕事をやる場合のWordpressがらみの仕事はめちゃくちゃ多いです。

WordPressができるだけで多くの仕事に手をあげられます。

クラウドワークスでは業者っぽい方(他から仕事を取って単価の低いクラウドワークスなどに流している方)から小さい企業までたくさんの依頼があります。

そして、Wordpressは相当難易度が高いです。

WordPressの学習の本の記事を以前上げたのですが

これの一番難しい本ぐらいはできないと仕事にならないと思います。↓

WordPressレベル別でオススメの本・参考書【初心者から上級者までレベル別で3冊の本を紹介】

マスターしてしまえば、仕事はたくさんあります。

ちなみに私は、知り合いのサイトを業務として請負ってスキルを得とくしました。

Wordprssはいくら勉強しても

いくらでも勉強することはあるのでとりあえず仕事として請け負ってしまうのもありです。

多い仕事例

  • WordPressを1から構築してください。(デザイン含む)
  • WordPressでバグがあり修正をお願いしたい。
  • 現行のサイトをWordpress化して欲しい。

WordPressで一番抑えておきたいこと

WordPressのテーマを1から構築できるスキル。

テーマ・・・ワードプレスのデザイン・機能などのまとまりで、Wordpressはそれを読み込みサイトを構築する。

とにかく範囲が広いので細かいことは何ができるか調べながらやっていくといいでしょう。

とりあえず、Wordpressのテーマがどうやってできているか把握する。これが大事です。

アドビ フォトショップ

アドビ フォトショップは画像加工のソフトです。Webサイト制作で、画像を加工したりします。

サイト埋め込みのバナーなどの依頼もあり、

デザイン力が求められます。

フォトショップは使ってみるとわかるのですが

思ったように動かせません。

Adobe製品の使い方のお約束、みたいなのがありそれをマスターしなければなりません。

さらに多機能。いろいろな機能があります。

全ての機能をマスターする必要はなく私も、知らないツールがたくさんあります。

よくある仕事

  • バナーの制作依頼
  • webサイトデザイン作成(デザインのみもある)

アドビ フォトショップ で一番抑えておきたいこと

とにかく使いこなせるようになる。

Webサイト制作を副業にするためのスキルまとめ

いかがでしたか?

最近、ランサーズやクラウドワークスなどで仕事を探していたので

その仕事から必要なスキルをまとめました。

HTML、css、Javascript、Wordpress、フォトショップと様々なスキルが

webサイト制作には必要になってきます。

難易度が高い仕事の方が、応募が少なく受注できる可能性は高いです。

是非スキルを身につけて

Webサイト制作の副業をやってみてはいかがだろうか?

Webサイト運営法!!カテゴリの最新記事