超簡単!!YouTubeのタグ取得(YouTubeのAPIからタグを取得します)

観光スポットのつけ麺屋?川越の頑者でつけ麺

観光スポットのつけ麺屋?川越の頑者でつけ麺

埼玉の川越、行ったことありますか?

川越は、小江戸と呼ばれ、休みの日になれば

たくさんの人が訪れます

外国人もちらほら

少し、時間があるし川越でも行ってみようと思い

「川越 観光」でグーグルなどで検索をかけると

いくつかの観光スポットまとめサイトに

「頑者」の文字

「観光名所につけ麺屋??」

頑者は、川越ではつけ麺が美味しくて

もはや、観光スポットとなっているのです

観光名所となったつけ麺屋、頑者に向かう

頑者 川越
つけ麺 850円

ブログや情報を見ると、

つけ麺の歴史を語る上で、欠かせないお店らしい

つけ麺の発祥の店 大勝軒

そして、新たなスタイルを確立したのが頑者

「極太麺」「濃厚つけダレ」「魚粉」という

今では、どこでも食べられるスタイルのつけ麺を作り出したのが、この頑者という店らしい

頑者 つけ麺 川越

今まで、うまいうまいと食べ続けた、つけ麺の始まりがここか・・・

とても感慨深い場所です

確かに、このバックグラウンドがあれば、川越の観光スポットと言われても納得ですね

土曜日の14時ごろに店に着きましたが

つけ麺を食べられたのは、15時

1時間並びました

本当に人気店です

そして、なぜこんなに人気なのか?店に入って、食べて、よくわかりました

広々としたスペース
(人気店なのに、お客さんをつめて、お店に入れるということをしていません)

店員さんが全くせかせかしていない
(忙しいと、みんな急いでせかせかするイメージありますよね。全くそれがありません、一人一人丁寧に接客し、丁寧につけ麺を作っていました)

スープ割りがオマケじゃない
(スープ割りって、最後のちょっとしたオマケってイメージですよね。頑者のスープ割りは、スープ割りメインでもいいんじゃないか?と思えるくらい美味しかったです。きっと、スープ割りにもこだわりがたくさん詰まっているのだろうなー)

もちろん、つけ麺も抜群に、美味しいです

ただ、色々な要素が美味しさに繋がるんだな〜と思える、そんなお店でした

池袋の頑者には、よく行っているのですが全然違いました

池袋の頑者を食べて頑者を知った気になってはダメですね

川越に行き、1時間並んだ価値ありでした

是非、川越に行った際は、

観光スポットの「頑者」に行ってみて下さい

頑者 川越店 食べログはこちら

趣味のラーメンカテゴリの最新記事